住みやすいところに住もう【不動産検索サイトの活用法を掲載】

短期間で終わらせるため

玩具の家と紙幣

競売の取り下げや宣伝活動

住宅ローンの返済が難しくなると、住宅は競売または任意売却によって手放すことが必要となります。競売の場合、債権者が主体となって進めていくため、債務者にとっては条件がやや悪くなります。住宅の売却価格が相場よりも安くなったり、立ち退きのための引っ越し費用の用立てが必要になったりするのです。ところが任意売却の場合、相場で住宅を売ることができますし、さらに引っ越し費用を成約代金から出すことも可能となっています。つまり競売と比較すると、残債がより少なくなる上に、少ない負担で引っ越しできるということです。このように債務者にとってメリットの多い任意売却ですが、スムーズに進めるためには、不動産会社や仲介会社といった専門業者に相談することが必要です。というのも、任意売却にはタイムリミットがあり、住宅ローン滞納後3〜6ヶ月ほどで完了させることが肝心となっているからです。進行が遅いと、債権者による競売が始まってしまうため、短期間で終わらせるための相談が必須とされているのです。相談することで、専門業者は債権者に対して、競売の取り下げを依頼します。これにより、万が一タイムリミットが残り少なくなっていたとしても、任意売却を進める時間的な余裕ができるのです。なおかつ専門業者は、WEBや誌面で住宅の宣伝をしますし、購入希望者があらわれた場合には、迅速に売買手続きを進めます。このように、タイムオーバーを回避しやすくなることから、任意売却をする人のほとんどが、専門業者に相談しています。